JA-IMC Corporati on
International Management Consulting
Making your ideas a reality
®
  
News 2019
Now serving APAC / Oceania
  
JA-IMCはAPAC /オセアニア地域に誇りを持ってサービスを提供しています
アジア太平洋地域には、東、南、東南アジア(インド、中国、その他の急成長市場を含む)にまたがる約50カ国、そしてオーストラリアとニュージーランドを主催するオセアニアが含まれます。メラネシア、ミクロネシア、ポリネシアの小地域にまたがる太平洋諸島諸国。 この地域の多様性は、コンサルティング業界の規模、市場構造、成熟度が大きく異なることを意味します。       アジア(1)のデータ分析によると、アジア太平洋地域のコンサルティング業界は、アジア、オーストラリア、その他多数の非常に小規模な市場で、今年は500億ドルの障壁を突破するでしょう。 上記の地域は、世界で最も急成長しているコンサルティング部門の1つで、わずか4年間で約100億ドルの手数料収入が追加されました。 日本、韓国は依然としてアジア最大のコンサルティング市場であり、中国、インド、オーストラリアは販売量の増加の主な原動力です。       サービスラインの観点からすると、Strategy&Operationsは依然として顧客に販売される最大のサービスです。この分野には、コーポレートおよびビジネスユニット戦略、商業的デューデリジェンス、大規模な組織変革のためのハイエンドワークなど、従来の戦略コンサルティング業務が含まれます。 オペレーションは、物流、サプライチェーン、販売、製造、バックオフィスなどの一次および二次プロセスにおける業績改善に焦点を当てています。 アジア太平洋地域/アメリカまたはヨーロッパでの個々のビジネスプロジェクトについて、JA-IMC Corporationがお手伝いします。
  


  
反社会的勢力に関する基本方針
JA-IMC Corp.は、暴力、暴力、および/または詐欺的手段(以下「反社会的勢力」といいます)を最大限に利用して経済的利益を追求する団体または個人によって引き起こされる損害を防ぐために、以下の基本方針を提供します。
   
  
基本方針
JA-IMC Corp.は、組織全体として、反社会的勢力による不当な要求に対処するものとします。
JA-IMC Corp.は、反社会的勢力による被害を防ぐために、警察や全国犯罪組織除去センターなどの外部専門家と密接な関係を築き、組織的に適切な取り扱いを行います。
JA-IMC Corp.は、業務上または取引上の関係を含め、反社会的勢力との関係を一切持たないものとします。
JA-IMC Corp.は、反社会的勢力による不当な要求を強く拒否し、そのような請求に関して民事および刑事の両面で法的措置を講じるものとします。

JA-IMC Corp.は反社会的勢力に資金を提供することも、反社会的勢力とバックドア取引をすることもありません。

  


独占禁止法その他の規制に関するコンプライアンス方針 
私たちは、日本の独占禁止法およびその他の関連法規制(当社の事業提携会社が事業を営む国または地域で有効)を遵守し、コンプライアンスシステムを確立し実行するためのあらゆる可能な措置を講じるよう努めます。そのような目的のために、我々は以下の具体的なガイドラインを示しました。

  
  
行動指針
注文を承諾し、計画および技術に関する情報を提供する意欲を表明する目的で、当社は顧客に関してマーケティングおよび販売活動に従事している。
マーケティングおよび販売活動を実施するにあたり、私たちは他の事業者との不適切な接触を決してしません。
我々は、我々自身のコスト見積もりに基づいて手ごろな価格で入札をします。
違法行為を防止するため、コンプライアンス活動を記録しています。
私達は建設コンサルタントとして中立性と独立性を維持すると共に公正で開かれた競争に従事します。


  

Making your ideas a reality